温熱性発汗

温熱性発汗

体温を一定の37度くらいに保つために、

 

外気温の上昇で体温が上がりそうになると汗を出して、

 

体温を保とうとする発汗作用を、温熱性発汗といいます。

 

温熱性発汗つまり、体温調節のために出る汗は、

 

エクリン腺から分泌されます。

 

 

人の体には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という2種類の

 

汗腺(汗を出す腺)があります。

 

エクリン汗腺からでる汗は、99%が水分で1%が塩分です。

 

ですからこの汗はさらっとしています。

 

ただし、かいた汗をそのままにしておくと、

 

汗が細菌などに分解されて、ニオイが発生することがあります。

 

 

温熱性発汗関連エントリー

汗(発汗)の種類
汗を抑え、臭いをなす方法
精神性発汗
汗を抑え、臭いをなす方法
味覚性発汗
汗を抑え、臭いをなす方法
寝汗
汗を抑え、臭いをなす方法