味覚性発汗

味覚性発汗

味覚性発汗は、主に辛いものを食べたり飲んだ時に、

 

額や鼻、頭などに汗をかくことです。

 

辛いもののほかに、甘いもの、すっぱいものを食べたり飲んだりした時にも、

 

人によっては汗をかくことがあり、これも味覚性発汗とされます。

 

この際に出る汗は、エクリン腺から汗が分泌される汗なので、

 

ほとんどが水分で、さらっとした汗です。

 

味覚性発汗は、個人差が大きく、

 

食べ物による発汗の全くない人からみると、

 

不思議な現象にみえるものですが、

 

生理的なもので、その人にとっては当たり前のことですから、

 

気にしないようにしましょう。

 

 

辛いものによる味覚製発汗の場合、

 

さらに辛いものを頻繁に食べることにより、

 

味覚がならされてしまい、より一層辛いものにしか、

 

発汗の反応をしなくなるということもあるようです。

 

味覚性発汗関連エントリー

汗(発汗)の種類
汗を抑え、臭いをなす方法
温熱性発汗
汗を抑え、臭いをなす方法
精神性発汗
汗を抑え、臭いをなす方法
寝汗
汗を抑え、臭いをなす方法