寝汗

寝汗

睡眠中は起きているときよりも、

 

体温を下げようと自律神経がはたらきます。

 

そのための自然な発汗は、通常大人で約200ccほどといわれています。

 

自然な発汗の場合は、朝まで眠れるものですが、

 

多量の汗をかくことで、目が覚めるほどであれば、

 

なんらかの体の変調がありそうです。

 

汗を多量にかく前には体温の急な上昇がある場合もあり、

 

自律神経の不調、ホルモンバランスの変化などが、

 

原因になっているようです。

 

セキや発熱を伴う場合、結核の可能性もあるようです。

 

毎夜多量の汗に悩まされるようであれば、

 

病院への受診も考えた方がいいかもしれません。

 

 

睡眠中に多量の汗をかくときは、

 

あとで水分の補給を忘れないようにし、

 

汗をかいて寝巻きや下着がぐっしょり濡れるようであれば、

 

取り替えるようにしましょう。

 

寝汗関連エントリー

汗(発汗)の種類
汗を抑え、臭いをなす方法
温熱性発汗
汗を抑え、臭いをなす方法
精神性発汗
汗を抑え、臭いをなす方法
味覚性発汗
汗を抑え、臭いをなす方法