臭いの種類

臭いの種類

体から出る汗には、二種類の汗があり、

 

そのうちのひとつのエクリン汗腺からでる汗は、

 

99%が水分で1%が塩分で、さらさらで臭いがありません。

 

エクリン腺は、全身に分布している小さな汗腺です。

 

その数は皮膚の1平方センチあたり130個ほどで、

 

全身にあるエクリン腺の数は200万個以上といわれています。

 

特に多いのが手のひらや足の裏でわきの下にももちろんあります。

 

エクリン腺は全部が活動しているわけではなく、

 

人により、また生活習慣などによって、

 

活動する量が違っています。

 

ですから、汗かきの人とそうでない人があるわけです。

 

 

エクリン腺は、通常は臭いのしない汗なのですが、

 

皮膚の常在菌が繁殖していて、エクリン腺のミネラル分が反応すると、

 

臭いを発生させます。

 

また、エアコンに頼った生活や、運動不足が続くと、

 

エクリン腺の汗腺の機能が鈍ると、

 

エクリン腺から出る汗もべたべたしてきて、

 

臭いの元になる可能性が増えています。

 

 

一方アポクリン腺は、外耳道、わきの下や生殖器などにあって、

 

エクリン腺よりも大きな汗腺です。

 

わき臭がある人は、このアポクリン腺が大きかったり、

 

数が多かったりするというわけです。

 

体臭とよばれる臭いは、もともと動物には備わっているもので、

 

臭いのもとになる汗を出すことで、

 

仲間同士の確認や異性を引き付けるのに、不可欠のものです。

 

人間にも少なからず臭いがあるのが正常で、

 

異性に働きかける手段の一つであるとされています。

 

もともと日本人は体臭は少なく、

 

欧米人や黒人は、臭いの元のアポクリン腺の数が多いとされています。

 

臭いの種類関連エントリー

汗の臭いを取るには
汗を抑え、臭いをなす方法
臭いの激しいところ
汗を抑え、臭いをなす方法
臭いの発生するわけ
汗を抑え、臭いをなす方法