臭いの発生するわけ

臭いの発生するわけ

汗には二種類の汗があって、臭いを発生する汗は、

 

アポクリン腺からでる汗です。

 

アポクリン腺からでる汗は、毛の毛根を包む「毛包」とつながっていて、

 

毛穴から汗がでるようになっています。

 

わきの下や、外耳道(耳の孔)、まぶたの縁、鼻、乳輪、

 

へその周り、陰部、肛門の周囲などにあるそうです。

 

 

アポクリン腺からでる汗は、精神的な緊張(冷や汗といわれる)、

 

性的な刺激によって出ます。

 

 

アポクリン腺からでる汗は、通常一日に1〜2回といわれています。

 

成分は脂質、たんぱく質、アンモニア、糖分、鉄、

 

などが含まれていて、黄色や赤みをおびています。

 

 

もともとはアポクリン腺からでる汗に、臭いはないようですが、

 

わきの下に常駐する菌が、汗の成分である脂質を酸化分解することで、

 

臭いの元になる、アンモニア、インドールなどの物質をつくりだし、

 

それが臭いとなって、発散されるからだそうです。

 

 

わきで臭いが激しくなるのは、アポクリン腺の数が多いのと、

 

長い毛に覆われているため、常駐菌も多いことからと思われます。

 

 

臭いの発生するわけ関連エントリー

汗の臭いを取るには
汗を抑え、臭いをなす方法
臭いの激しいところ
汗を抑え、臭いをなす方法
臭いの種類
汗を抑え、臭いをなす方法