多汗症

多汗症

多汗症とは、運動をしたわけでも、食事をしたわけでもないのに、

 

多量の汗をかいてしまう症状です。

 

通常汗をかくのは、エクリン腺からの汗で、

 

体温を調節するためです。

 

精神的な緊張によっても、同じように汗をかきますが、

 

多汗症の場合は、局所あるいは、全身に、

 

汗をびっしょりとかいてしまいます。

 

「全身性多汗症」の場合は、急性リウマチ、

 

バセドー氏病、結核などをわずらっていることがあるそうです。

 

また「局所的多汗症」は、手足のひら、わきの下、頭部などの、

 

特定の部位に多量に汗をかく症状ですが、

 

過剰なストレスどで、自律神経のバランスがくずれることで、

 

起こることが多いようです。

 

いずれにしても、多汗症はわずらわしい症状です。

 

また臭いを発生させることもあるので、

 

症状の改善のために、専門医の指導が必要となってきます。

 

 

多汗症関連エントリー

ワキガ(腋臭症)
汗を抑え、臭いをなす方法