熱中症(熱射病、日射病)と汗の関係

熱中症(熱射病、日射病)と汗の関係

夏になると熱中症予防の注意が、喚起されます。

 

汗は出ることによって、上がりすぎた体温を、

 

下げるはたらきがあります。

 

汗腺から発せられる汗は、ほぼ体温が37度をこえようとすると、

 

汗を分泌させて、体温を下げていきます。

 

自律神経の働きが衰えて、こうした体温調節の命令が、

 

でないようになると、熱中症(熱射病、日射病)などになってしまいます。

 

 

気温や湿度が高かったり、風通しが悪い、

 

日差しが強いといった環境で、体温調整の能力が低くなるようです。

 

 

特にお年寄りになると、熱中症が重症化しやすいのは、

 

汗腺の数が減って汗をかきにくくなったり、

 

自律神経の働きが衰えたり、

 

喉の渇きや暑さを感じる力も、低下していることから、

 

体内の水分が少なくなっていることに、

 

気づきにくいからだそうです。